過払い金請求について

過払い金請求は法律事務所で

過払い金請求とは、主に消費者金融などを利用した際に利息制限法を超えて払わされていた利息分に対して、払い戻しの請求をするものです。

この事例に該当する可能性が有る場合には、該当者側から調査して請求しない限り払い戻しを受けることができない点や、借金の完済日を起算日として10年間の時効が設定されている点に注意しなければなりません。

現実的には該当する可能性が有る場合には専門家に相談することが推奨されており、一般的には法律のプロである法律事務所へ相談する方法が最善策であると考えられます。

過払い金請求・ヤミ金問題のオススメ法律事務所

  • 街角法律相談所

    過払い金請求のシミュレーター「街角法律相談所」

    街角法律相談所は、借金を減らす手続きをしてくれる相談所や法律事務所を比較できるサイト。
    無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します。
    匿名・無料で3つの質問に答えるだけで改善方法が診断できます。
    実名・住所の入力は必要ありません。
    相談者実績:相談者数8012人、解決実績15,000件!

過払い金請求の流れ

過払い金請求の流れ

具体的な過払い金請求の流れとしましては、法律の専門家である法律事務所へ相談および請求依頼されますと、弁護士や司法書士は先方へ依頼を受けた旨の連絡と取引履歴の開示請求を行います。

この段階で債務が残っていた場合におきましても一旦督促が停止しますので、返済催促に悩んでいた人にとってはとりあえず安心でしょう。

それから取引履歴を基に正しい利息での計算を行って、払い過ぎた利息が生じている場合には差額分を業者に返還要求することになります。
もちろん個人で資料を取り寄せて、再計算した後に返還請求する方法もあるのですが、専門家である弁護士や司法書士から返還請求した方が確実に過払い金の回収が可能であると考えられます。

ただし、個人で請求した場合には、業者から取引履歴の開示拒否や過払い金の減額要求などの不法行為が報告されており、確実な過払い金回収の難易度がかなり高いとされております。

>>過払い金「匿名無料診断シミュレーター」はこちら

過払い金請求で意外と知られていない点

過払い金請求で意外と知られていない点

意外と知られていない点としては、この過払い金に関して請求する場合、正しい利息計算との差額分のみならず、差額分に対して年5%の金利をプラスして請求することが可能となる点です。

つまり、取引している期間が長期間であれば、それだけこの利息金額も大きくなるので過払い金全体の金額が膨らむこととなるのです。

業者の中にはこのような過払い金請求を防止するために、借金が残っていても催促を打ち切ったり、減額した過払い金を一方的に提示してくるケースがあるとされています。もちろんこのような提示は一切断る必要があるとともに、悪質な業者に対しては毅然とした態度で接するようにしましょう。

それから時効とされている10年は完済日起算だけでなく業者から催促が来なくなってから起算して10年という表現もありますので、十分に注意する必要があります。


運営者情報

このページの先頭へ